美容液の化粧品としての役割や効果について

基礎化粧品の1つである美容液は、お肌にいい様々な成分がぎゅっと詰まっているものです。
肌の気になる部分に集中的に美容液を使用するなど、目的に沿ったケアができます。

シミ対策に美容液

お肌に美容液をつけることで、肌の角質層部分にまでお肌にいい成分を届ける効果が期待されるため、シミ対策や、保湿などの目的に合わせて使います。

目の周りや、口の周りに細かいしわができてきて、老いて見えるようになってきた人が、保湿を目的として美容液を使うことが多いようです。

シミやそばかすを薄くするために、美白効果のある栄養成分を配合しているような美容液も注目されています。
アンチエイジングのために美容液を使うなど、それぞれが持っている肌の問題に合わせて、適切な美容液を購入するといいでしょう。

保湿対策に美容液

美容液を用いる目的が肌の保湿であるならば、セラミドや、ヒアルロン酸など、保湿力の高い栄養素が入っているものにするといいでしょう。
美白タイプの美容液にはメラニンの合成や抑制と、メラニンを定着させないように働きかけるアルブチンやビタミンC誘導体などの美白成分が配合されています。

アンチエイジングに美容液

お肌の新陳代謝を活発にするEGFや、コラーゲンを配合した美容液は、アンチエイジングケアに効果が発揮されるといいます。
効果的なスキンケアを行う場合、美容液は化粧水を使った後で、クリームを皮膚に塗りつけるより早いタイミングで行うようになることが大事になります。

参考:ブライトエイジ第一三共が開発したスキンケア化粧水

寝ている時に美容液を染み込ませる

美容液に含まれている美肌成分が、皮膚の奥にまで入っていくように、まずは化粧水でお肌の準備を整えてください。
夜中、寝ている時が、新しい皮膚を生成し、古くなった皮膚を体の外に出してしまうのにいい時間帯です。