にきびの跡が気になる場合の改善方法

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

にきび跡が、にきびがあったところにシミや赤みになって残ることがあり、消えずに困っている人がいます。
にきび跡の赤みは、にきびを治そうとして毛細血管が集中するものの、肌の再生が遅くて炎症が引かない状態になる為に起こります。

ニキビ跡を治すには肌の代謝が重要

皮膚にできたにきび跡を早く解消したいという場合は、肌の代謝を早めるためによく眠ることが大事です。
疲労からの回復や、ダメージを受けた細胞を回復するには、質のいい睡眠を確保し、成長ホルモンが多く分泌するように働きかけることです。
眠り始めてから3時間、ぐっすり眠る時間を確保することができれば、肌の代謝は改善されるといいます。
眠る1時間位前には入浴をして身体を温めたり、パソコンやスマホは見ない様にするなどして、脳がリラックスできる状態にしておきましょう。

栄養素の接種でにきび跡改善

毎日の食習慣を見直して、新しい皮膚を生成擦るために必要な栄養素を摂取することも、にきび跡の改善のポイントです。
肌の細胞を活性化させる為には、タンパク質やミネラル、オメガ3脂肪酸等が効果的と言われています。
せっかく摂取したビタミンや、ミネラルが身体に吸収されづらくなる原因に、アルコールの摂取や、塩分の多い食べ物をとることがありますので、注意をしてください。

運動不足解消で代謝の高い身体に

運動不足を解消し、代謝の高い身体になることで、お肌のコンディションも改善できます。
運動をするとにきび跡の赤み解消に効果がある理由は、運動をして体内の血液の巡りをよくすることで、毛細血管を流れる血液量を減らせるためです。
自分で行う改善方法でどうしてもにきび跡の赤みが残ってしまう場合には、皮膚科を受診することがおすすめです。